拾奈々歩☆三十一弦☆

倭・命・生(き)・心の短歌人です。。。が、俳句にも挑戦中o(*^▽^*)o~♪
☆ここと、三十一弦・古紅蒼・その他をすべて♪ここに。。。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!   弐千五年文月壱拾日OPEN☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
続:芭蕉 『夏草や』
杜甫の国敗れて♪







あの有名な『国破れて山河あり』を私が覚えているのは何故?





と思ったら。。。

あの『夏草や』が、この漢詩関係があったんですね。



まさか、養父がこの一節を私に教えてくれていたんだなんて。。。

今まで、気がつきませんでした。

さすが、古文書専門家です。





      国破れて山河在り

      城春にして草青見たりと

      笠打ち敷いて

      時の移るまで涙を落としはべりぬ

      夏草やつわものどもが夢の跡

                      松尾芭蕉



















続きを読む >>
18:58 | 讀俳句・川柳 | comments(0) | trackbacks(0)







2019


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--