拾奈々歩☆三十一弦☆

倭・命・生(き)・心の短歌人です。。。が、俳句にも挑戦中o(*^▽^*)o~♪
☆ここと、三十一弦・古紅蒼・その他をすべて♪ここに。。。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!   弐千五年文月壱拾日OPEN☆
<< 吾亦紅やら・・・覚書[62] | TOP | 去狂温冬・・・覚書[64] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
幾想・・・覚書[63]
いろいろな想いの年だったんだぁ〜って・・・思ったりします♪







本閉じて ゆらゆら浮きし綿雪の、何故か温(ぬく)きや 名残の夕べ。

                           06/01/17







出口なき病(わくら)の床と思うもや 望み続らば離らるような・・・



家人(かじん)だけ玄関抜けゆ! 鎖(とざ)れもの、いつか拓(ひら)こぞ吾が四肢にて

                             06/12/02







綴る歌、想ひの刻(とき)の侭なりて・・・在り様(ざま)辿る野暮と称して

                           06/12/03











阪神大震災へ想いを寄せて・・・



西地震(にしなゐ)の鎮魂歌と灯、胸に沁(し)む。あの日‐夫(つま)との決断の瞬間(とき)らに

※前日から徹夜で話し合って、一緒に生きる決心した後、TVで速報が・・・







西遠く悲しき惨事在り‐あの日。夫(つま)、決断の強き想い日

                          06/01/17

                             花香















震災に遭われた方々と共に、私たちは歩んでいます。



数年前に“三ノ宮”へ行かせていただきました。。。

生活という苦難の道を私たちは・・・些細なものです。

街にまだ悲しみが溢れていて・・・言葉が無くなったのを覚えています。



悲しみ・苦しみは果てしなく想像を超えませんが・・・

軽い気持ちでなく、詠ったこと、ご理解ください。<(_ _)>ペコ!
                          

                  
23:24 | 覚書(短歌) | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:24 | - | - | -
コメント
生活という苦難の道をしなゐ!


    管理者コメ:(゚O゚)\(--; ォィォィ
          わかってるの?すごい事言ってるぞ!
2008/02/05 12:08 AM by ブログペット「曾良にゃ♪」
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://1731kakawagu.jugem.jp/trackback/395
トラックバック







2019


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--