拾奈々歩☆三十一弦☆

倭・命・生(き)・心の短歌人です。。。が、俳句にも挑戦中o(*^▽^*)o~♪
☆ここと、三十一弦・古紅蒼・その他をすべて♪ここに。。。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!   弐千五年文月壱拾日OPEN☆
<< 忘散花・・・覚書[85] | TOP | 不鳴ふふ鳥・・・覚書[87] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
誰貧愛・・・覚書[86]
端午の節句ですね。
少子化の一因って、戦争の後遺症でしょうか?





戦にて傷つきし大和---まだ癒えず 愛の連鎖ハ途絶えしまま。
※戦=いくさ 





満つるまで---愛満たさるまで---貪るハ人の性ゆえ、与え続けなば
※貪る=むさぼる 性=さが




「愛に疲れ!」 与え続けど我のみ心。応え無き汝よ 涸れぬ前に---
※心=み 応え=こたえ 汝=な 涸れぬ=かれぬ
                                   06/05/13詠



心閉し恋女場捨て、君に添ひ---今更、求まれ憂き音に深み
※閉し=とし 恋女場=こいにょば 憂き音=うきね(悲しみに泣く) 

                                    06/04/23詠
                                           花香


愛情って、子供の頃たくさん貰っていないと・・・愛情を理解できないそうですね。
怖い話だと思いませんか?
22:29 | 覚書(短歌) | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
22:29 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://1731kakawagu.jugem.jp/trackback/426
トラックバック







2019


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--