拾奈々歩☆三十一弦☆

倭・命・生(き)・心の短歌人です。。。が、俳句にも挑戦中o(*^▽^*)o~♪
☆ここと、三十一弦・古紅蒼・その他をすべて♪ここに。。。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!   弐千五年文月壱拾日OPEN☆
<< 凍己辛・・・覚書[90] | TOP | 消雪朧春・・・覚書[92] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
帰家神・・・覚書[91]
秋の嵐の夜、萬づ神も帰ってきてくださったお陰か?
久々に・・・出没できそうです。。。
ご無沙汰いたしました。


夜半越えて家神揺るリ・・・御棚降り、美酒酌み交わしつ魔祓う−−−宴。
 ※夜半=よわ 御棚=みと 降り=さり 美酒=さけ



更け/\て、北の神棚暴れ音や。帰神の盛宴−−−深眼させらる家人
 ※帰神=きしん 盛宴=せいえん 家人=いえと





耀明くば、神戻り連れノ雪はらり・・・北にて白精、舞ひ跳び、厳と。。。
 ※耀明く=あきあく 厳と=いかと

                              06/10/31詠
                                   花香




この1年近く、心が騒めくばかりで・・・
四苦八苦でした。。。

まだ、完全復帰じゃないですけど、タマに出没します。

ところで、こちらは暴風雨で、夜だというのに騒がしいですが?
いかがですか




21:48 | 覚書(短歌) | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
21:48 | - | - | -
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012/08/26 3:09 PM by ビジネスマナー
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://1731kakawagu.jugem.jp/trackback/431
トラックバック







2019


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--