拾奈々歩☆三十一弦☆

倭・命・生(き)・心の短歌人です。。。が、俳句にも挑戦中o(*^▽^*)o~♪
☆ここと、三十一弦・古紅蒼・その他をすべて♪ここに。。。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!   弐千五年文月壱拾日OPEN☆
<< 帰家神・・・覚書[91] | TOP | 彩叢雨・・・覚書[93] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
消雪朧春・・・覚書[92]

スゴ〜〜ク、凄く・・・久々にUPしますぅ♪
何年振りでしょうか?
ずっと、気力も無く・・・具合が悪いままでした。

しかし、歩けなくなってから数年ぶりに、
家の傍で“日向ぼこ”できる日が増えてきて。。。

改めて、風を感じられるようになり、
詠(うた)が楽しめるようになってきました♪

今を機に「BlogのUPをせっせと、やっていこうかな?」って、
わくわく感たっぷりな気分です☆

また、お暇な方、チラ見してくだされば・・・ですぅ♪



春季直ぐの卯月やに、やた雪感す。季移り忘れ風 とびぬけゆ
 ※春季直ぐ=ときすぐ



やと雪香、嗅ぐ季別れと浮き高み---花噂早早、堅蕾眺む
 ※花噂=はなうわさ 早早=はや 眺む=なむ





春其処と花便り聴くも、めで行けぬ---動かぬ足に訊ねとむとむ。
 ※其処=そこ とむとむ=とんとん



花の写真や便り---ヨリドリ聴こえ聞き、今季の花に現実に逢えるかや
 ※写真=え 今季=ことき 現実=ほん




街ハ花・山ハ白雪---彩編む季。景美しも朧に薄き
 ※彩=いろ
                             07/03/28詠
                                   花香


この頃から、昨年まで桜を見ずに春が行き過ぎていきました。
今年は、近所の桜ですが・・・見上げて見れました。るんるんでしたぁ〜☆

今日も五月雨に濡れつつ、近所の病院まで♪
菖蒲(あやめ)が咲いてる庭に出逢いましたぁ〜(*^^*)☆

22:50 | 覚書(短歌) | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
22:50 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://1731kakawagu.jugem.jp/trackback/432
トラックバック







2019


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--