拾奈々歩☆三十一弦☆

倭・命・生(き)・心の短歌人です。。。が、俳句にも挑戦中o(*^▽^*)o~♪
☆ここと、三十一弦・古紅蒼・その他をすべて♪ここに。。。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!   弐千五年文月壱拾日OPEN☆
<< 彩叢雨・・・覚書[93] | TOP | 苦詩景・・・覚書[95] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
翻弄天・・・覚書[94]

今朝は、生きている間に日本で観測できる『金冠日食』の日♪

私といえば、部分日食しか見られない地域だと、言い訳しつつ、
ゆるっと寝てました(汗☆

 

「金冠日食」を祝ひて---。
天に指翳し、千歳ニ契り結ぶ倭女の頬染む---輪の零れ日
 ※翳し=かざし 結ぶ=むぶ 染む=そむ 零れ=こぼれ
                              12/05/21詠
                                   花香
 

 

 

 

毎日育す木葉花の彩姿---しずか笑み言、声せずも「優き」を醸し
 ※毎日=ひび 育す=いくす 木葉花=こはか 彩姿=あやな 言=こと 醸し=かもし

 

 


奥深き森に埋れし---辛意識!蔓ニ絡まれ、あかり届かぬ
 ※辛意識=つらこころ 蔓=つた
                              08/05/10詠

 

 

だだひろく風ニ流倒す、青稲葉---古畦にしゃがみ ただ、黄昏す。
 ※流倒=りゅうとう 古畦=こあぜ 黄昏=たそがれ

 

 

 

逆風ニ、乗りて流れし古帆舟---族渡りた地に思馳せり
 ※逆風=さかかぜ 族=うから 思馳せり=しはせり
                              08/05/14詠

 

 

 

暴れ風---「来るぞ!来るぞ!」と風炎が、寝苦し耳ニ意地悪聴ふ
  ※「風炎」の意味は、フェーン現象の風
                              08/05/20詠
                                   花香

                            


今から恐ろしく思い出すのは、フェーン現象の蒸し暑さですぅ〜

ここに住んで初めての夏、フェーン現象の夜を経験しました。
その頃は、エアコンがなかったので、蒸し暑さで眠れない日が
何回かありました。

この頃、関東でもフェーン現象という言葉をたまに聞き
えーー!アリエヘン!と思うこの頃ですぅ☆

17:54 | 覚書(短歌) | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
17:54 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://1731kakawagu.jugem.jp/trackback/434
トラックバック







2019


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--